パシフィックスポーツプラザ那珂

〒311-0105 茨城県那珂市菅谷1-24(なか健康センターが目印)
tel.029-352-0203 fax.029-295-3451
オープン/月〜金11:00、土10:30
クローズ/21:00、土18:30 日曜休館

ご入会・レッスンはお気軽に

プラザ那珂/パシフィックスポーツプラザ那珂(茨城県那珂市)

背中ストレッチ!

2019.06.19 Wednesday

 こんにちは。最近 携帯電話を利用する上で、背中が丸まり、姿勢がきになる人が多くなりました。背中が丸まっていると、肩こりや頭痛などの症状が起こりやすくなります。そこで、背中にこり固まった僧帽筋をほぐして、猫背・肩こりを改善するストレッチをご紹介します。

1、自分の肩甲骨の位置を確認して姿勢をチェック!

  ,尻横の骨→肩→耳が一直線になっているか?

 ◆仝のライン・肩甲骨の下部ラインが横一列になっているか?家族や鏡などでチェックしてみます。

 もし、縦のラインが崩れていたら、骨盤が前傾、後傾になると、腰痛の原因になります。横のラインが崩れていたら、肩が内側に入って、猫背や肩こりの原因になります。

2、背中の全面を伸ばすストレッチ

 床に座り、あぐらの姿勢になります。(椅子に座ってもいいです)両手をヒザの上に置きます。肩の力を抜いて、肩甲骨を下方向にさげます。息を吸いながら、目線をゆっくり天井方面に向け、お腹・胸・喉を伸ばします。腰を大きくそらし、お尻を突き上げる感じで、首の後ろから尾てい骨をゆっくり動かします。息を吐きながら、ゆっくりと目線をおへそに向け、体の後ろ側(首・背中・腰)を伸ばします。この時、ヒジが伸びるまで、肩甲骨を大きく後ろに押し出します。首うしろから尾てい骨までしっかりと伸ばします。

5回ほど繰り返してみましょう。

3、僧帽筋・肩甲骨周りのストレッチ

 床に四つんばいになります。右手の甲を下にして、左腕と体の間を通して、体の外側に出していき、右の肩甲骨から腕にかけてストレッチしながら、右肩・右肘・右側頭部を床につけます。同時に左手はゆっくりと前に伸ばし、腰の付け根から左側腹も伸ばします。

 左腕の下から顔を出したら目線は天井を見て、首の後ろもゆっくり伸ばしましょう。10秒くらいしたら元の位置に戻ります。反対側も同様に行います。疲れのたまりやすい肩周辺や腰周りをゆっくりほぐして行きましょう。

 毎日行うことで、美しく健康的な背中になります。試してみましょう。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

search this site.

others